背中の筋肉につる痛みがある場合、ストレッチは効果的?そのやり方は?

背中の筋肉につるような痛みが生じた時、ストレッチをすることで解消できるケースが多いです。筋肉がつる状態としては筋繊維が過剰に収縮したまま固まってしまい、自然に弛緩できない為とされています。

またその収縮力も強く痛みを発するほどであることが多いです。また大きい筋肉ほど収縮する機会も多く、その強さも比例して大きくなります、また背中は常に姿勢を支える姿勢保持筋の一つであることからも生じやすいといえます。

その際、過剰収縮した筋を改善するには筋を引っ張り、収縮を解消しなくてはなりません。それにはストレッチが簡単であり有効な手段とされています。

その方法としては背中を丸めたり左右にひねることで筋繊維が様々な方向にストレッチされます。そしてそれを繰り返す中で自然と収縮・弛緩の活動を繰り返し、痛みは軽減されていきます。

その結果、つる状態は改善され自然と背中の状態も楽になっていきます。また筋肉がつる時、その多くは筋繊維を過剰に活動させてしまい、オーバーワーク状態にあることが多いです。

その状態でさらに活動させてしまうことで筋肉が限界を超えてしまい、自然な活動ができずに痛みを発生させてしまいます。そのためつる前にあらかじめストレッチをして予防しておくことも大切です。

筋肉 背中 痛み

コメントは受け付けていません。