筋肉をつくるのに必要なタンパク質の摂取量は?タンパク質が筋肉にあたえる影響って?

筋肉をつくるのに必要なタンパク質の摂取量はどれくらいで、またタンパク質は筋肉にどのような影響をあたえるのかについてお話していきますね。

タンパク質は筋肉の材料となる成分です。またこれ以外にも皮膚や血管、髪の毛などの材料にもなっている成分なので、健康的な体作りには欠かすことができない成分だと言えます。

摂取量は年齢や性別により異なっていますが、だいたい男性であれば50~60g、女性であれば45~55gが目安とされています。これは筋トレをしていない人の目安で、筋トレをしていて筋肉をつけたいと言う人であれば、体重1kgあたり1~2gの量が必要摂取量として設定されています。

なおこれは1日あたりの摂取量です。タンパク質は、いくら体の材料になる成分とは言え、カロリーもありますし消化に時間がかかり、胃腸が弱い人の場合は負担が大きくなることもあります。

ですからこれらを目安に、摂取し過ぎないように気を付けることが必要です。タンパク質がもたらす影響としては、筋肉の増強が挙げられます。運動やトレーニングなどをして発生したダメージは、だいたい1~2日で回復していきます。

その際にこの成分があると、ダメージを受けた部分を補強するような形で影響をもたらすので、回復した際により大きく、質量が増えていることが期待できます。

筋肉 タンパク質 摂取量

コメントは受け付けていません。