腕や肩の筋肉を落とす効果的な方法|腕や肩に余計な筋肉がついてしまう原因と対策法とは?

筋肉を落とすためには使わないようにするしかありません。筋トレでついた筋肉を落とすのであれば、筋トレをしなければ勝手に落ちていくのですが、日常生活でついた筋肉を落とすためには生活習慣から変えていく必要があります。

しかし、体のことを考えるとわざわざ落とすというのあは代謝や血流が悪くなるので、体にとってのメリットはあまりないです。また、肩や腕に余計と言えるほどの筋肥大が勝手に起こることは稀なので、特殊な原因があるということになります。

力む癖があるということが原因になる可能性もありますが、それはほぼ有酸素運動なので肩や腕が筋肥大するようなレベルにはなりません。多くの場合は肩や腕に余計な筋肉がついていると思い込んでいるだけで、実際には脂肪が無さ過ぎて筋が浮いているなどの原因が考えられます。その場合はしっかり食べるようにして脂肪も付けるということで、筋量を減らすというのは体の健康を考えてあまり得策ではないです。

筋肥大というのは肌や内臓の機能を高める対策にもなります。また年齢によって体の機能が落ちる対策にもなるので、メリットが多いのです。むしろ筋量が落ちないための対策を行う方がお得という感じでしょう。

筋肉 落とす 肩

コメントは受け付けていません。