腕の筋肉の付け方|男と女の筋肉のつきやすさの違いとは?

腕の筋肉のつきやすさは、男女で違いがあります。同じようなトレーニングをした場合、一般的に男性の方が女性よりもつきやすいと言えます。筋肉量そのものが多いという違いもありますし、筋肉が太く、大きくなりやすいのは男性の方です。腕の筋力のつきやすさにも同じことが当てはまります。

腕はジムへ行って本格的にしなくても、家庭で鍛えることができます。ダンベルやチューブがあればより効率的にできますが、無くても自重で十分可能です。

例えば腕立て伏せでも鍛えることができます。筋力をつけるコツは、ゆっくりと行うことです。特にひじを曲げていくときに早くなりがちなので注意すると良いです。運動に慣れない女性の場合は何度もできない場合があります。

そんな時は、ひざを床について行うと良いです。これなら負荷を減らした運動ができます。つきやすさには違いがあるものの、鍛え方そのものは同じです。

ただ、同じ質、量で運動を行うことは無理があるので、長く続けられるようにするためには工夫が必要です。手のつき方によっても負荷を変化させることができるので、自分に合ったペースをつかむことが大切です。

いずれにしてもきちんと鍛えれば、腕はしなやかで美しいシルエットになります。男性は太く逞しく、女性は健康的で綺麗になれるので、継続することが大事です。

筋肉 腕 男

コメントは受け付けていません。