筋肉がつかない原因は?女性と男性の筋肉のつきやすさの違いって?

筋肉がつかない原因は筋肥大させるために筋トレとカロリー摂取を行えていないからです。特にカロリー摂取が足りていない場合が圧倒的に多いでしょう。

筋トレダイエットというのは基本的に筋肉を減少させずに脂肪を燃焼していくというものです。とはいってもある程度のカロリーを摂取していれば、脂肪燃焼しながら筋肥大も起こるのですが、筋肉がつかない原因はそれらが足りていないということです。

そして、女性と男性ではテストステロンの値が違うので、もちろん女性の方が筋肉がつかないということになりやすいです。また、女性の方が食べている量が少ないというのも原因になるでしょう。

男性でも小食な人はいますが、もちろんそれでは筋肥大しません。男性でも女性でも筋肥大のためにはカロリー収支をプラスにする必要があり、そこを理解しないで筋トレを頑張っても脂肪燃焼効果が高いだけになります。

自分の現状に脂肪燃焼と筋肥大のどちらがより必要かを考えるということになります。ただ太っている人以外は筋肥大させたいと思うので、その場合は多めに食べた方が良いでしょう。

ちなみに、脂肪を付けたくないという場合、筋肥大も起こらない分量の食事では無駄になってしまいます。なので、筋肉を付けたい場合は脂肪が付くのは仕方がないことだと思った方が良さそうです。

筋肉 つかない 原因

コメントは受け付けていません。