筋トレ時のタンパク質の摂取量の目安は?タンパク質が不足すると筋肉にどんな影響があるの?

筋トレ時に必要なタンパク質の摂取量の目安を知り、不足しないように気を付けることはとても大切です。
タンパク質は、筋トレで傷付いてしまった筋肉を修復し、疲労を回復させるために必要な栄養素です。

筋肉の材料はタンパク質なので、不足しないように日頃から気を付けることが重要なのです。
1日に必要になるタンパク質の目安は、体重1キロあたり0.85gから1gだと言われています。

しかし、筋トレを行っている人は、目安として体重1キロあたり1.5gから2gくらいタンパク質が必要になります。
かなり摂取量が多いので、食品から不足しないように必要な量を摂ろうとすると、脂肪まで余分に摂取してしまう可能性があります。

また、摂取量によっては、消化や吸収に時間がかかり、体の負担が増えてしまいます。
そこで、最近はBCAAを積極的に取り入れている人が多いです。
BCAAは分岐薬アミノ酸のことで、筋肉のエネルギー源として働くアミノ酸です。
BCAAは、疲労の回復をサポートすることができ、筋トレのパフォーマンスも上げることができます。

アミノ酸は、摂取するタイミングも大事です。
筋トレの効果を高めるためにプロテインも一緒に摂りたい場合は、トレーニング後30分以内に摂るといいです。

筋トレ タンパク質 摂取量

コメントは受け付けていません。