筋トレをして超回復が起こるメカニズムを初心者でもわかりやすく教えて。

筋トレで筋肉が成長するメカニズムというのは、筋トレによって傷ついた筋繊維がより強く太く回復するという原理です。超回復というのは、筋肉を最大限傷つけて、かなり回復させるということです。

このメカニズムによって筋肉がより成長します。初心者の方が筋トレによって超回復のメカニズムを起こしやすいです。というのも、筋肉が傷つくことにまだ慣れていないので、簡単に破壊されます。

なので、初心者の方が超回復の原理を使った方が良いです。ある程度慣れてきて初心者でなくなると、超回復が必要なほど傷つけるのが難しくなります。限界まで追い込んだつもりでも、しばらく経つと力が普通に入るという状態になり、また筋肉痛もなくなります。

筋肉痛のメカニズムというのは完全には解明されていないのですが、筋肉の成長との関連性はないとされています。要するに、筋肉痛が強いとより筋肉が成長するというわけではないですし、逆に筋肉痛がないから筋肉が成長しないというわけでもありません。

筋トレを継続しているといくらやっても筋肉痛にならずに筋肉の成長に不安を感じるものですが、最大限負荷を掛け続ければしっかりと成長します。また痛みがないのでむしろ良いです。

筋トレ 超回復 初心者

コメントは受け付けていません。