筋トレをして筋肉が回復するスピードは年齢によっても違う?高齢者と子どもの筋肉の回復速度は?

筋トレは年齢に関係なく、鍛え上げられた健康的な肉体を作ることが出来とてもおすすめです。しかし筋肉が回復するスピードは加齢とともに衰えてきます。40代前半までは、20代の人とあまり差がないと言われていますが、20代と70代を比べればその差は歴然です。

回復のスピードはやはり、年齢とともに遅い傾向にあり、高齢になると子どもには敵いません。子どもの場合は新陳代謝がとてもよく、筋トレで作られた疲労物質が高齢の人より早く処理することが出来ます。

また高齢者が子どもに比べ回復が遅いのは、血行にも関係があります。血行が良い方が腐敗物質を体外に排出しやすいものです。筋トレで作られた疲労から回復するためには年齢に関係なく、しっかりと休息を与えることが重要です。

筋肉は筋トレで疲れさせ、栄養を与え、休息させ元に戻るときに強くなります。超回復という現象ですがこの過程を経ることが大事なのです。高齢者は子どもと比べトレーニングの間隔を流すする必要があります。

あまり頻繁にトレーニングをしていると疲労から復活しないうちにトレーニングをすることになり体に負担を掛けていることになります。高齢者の方が子どもより筋肉痛などの疲労が出てくるのが遅いものです。休息も筋トレの一環と考え効果的に行いましょう。

筋トレ 回復 遅い

コメントは受け付けていません。