クレアチンの基準値と必要な摂取量とは?クレアチンが不足するとどうなるの?

クレアチンの基準値を保つために必要な摂取量と、クレアチン不足によって正常値に満たない状態が引き起こす事とは何でしょうか。

クレアチンとは元来人間の体に備わっている有機酸の一種であり、筋肉に作用し、身体能力や運動パフォーマンスの向上などに役立つ成分です。また女性にとっては質の良い筋肉が増える事で、太りにくい体を保てるようになります。

この成分は体内で作られ、肉や魚などのたんぱく質から摂取可能ですが、その量は大体基準値の半分だと言われています。

また運動量の多い場合や、アスリートなどの筋肉の消耗が激しい人の場合は、不足しがちになり基準値を下回る事が多いです。そのため正常値を保つためにサプリなどで補助的に摂取する必要があります。

実際にクレアチンの基準値は女性の場合、0.4~0.8mg/dlであり、この基準値を保つのに必要な摂取量は5gと言われています。アスリートではなく一般的な女性の場合は、ローディング法という短期集中筋力アップよりも、毎日3~5gを摂取するのが良いでしょう。

クレアチンは不足すると筋肉の質の低下を起こし、筋肉の回復を遅らせ疲労感が溜まってしまいます。また摂取量が正常値に満たない事で筋肉量が落ち、脂肪がつきやすくなり、太りやすい体になってしまう可能性があります。

クレアチン 摂取量 基準値

コメントは受け付けていません。