筋トレの消費カロリーは筋トレの種類によって違いはある?腹筋やスクワット、腕立ての消費カロリーは?

筋トレの消費カロリーはスクワットや腹筋、腕立てといったトレーニングの種類と使う筋肉の部位、特に筋肉の大きさによって差があります。一般的に、背筋や太ももの筋肉などの大きくて大きな力を出せる筋肉ほどトレーニングしたときの消費カロリーは大きくなります。

では、スクワット、腹筋、腕立て、それぞれの種類のトレーニングが具体的にどれくらいのカロリーを消費するか見てみましょう。

まず、腹筋ですが1分間に20回行なった場合に消費するカロリーは4から5キロカロリーです。背筋の消費カロリーも腹筋と同じくらいです。次に腕立ての消費カロリーですが、1分間に20回行った場合は約3キロカロリーです。

最後にスクワットの消費カロリーですか同じく1分間に20回起こった場合は7から8キロカロリーです。このように、腕や胸筋肉のような小さな筋肉は筋トレしてもあまりカロリーを消費しないのに対して、腹筋、背筋や太ももの筋肉といった大きな筋肉の筋トレは消費するカロリーが多いです。

もっともこの差はあまり大きくなく、他の種類の筋トレでも大きな差はありません。何れにせよ効率良くダイエットするには無酸素運動である筋トレだけでなくジョギングなどの有酸素運動も組み合わせることが重要です。

筋トレ 消費カロリー 種類

コメントは受け付けていません。