筋肉の疲労が取れない場合、しっかり睡眠を取るのは効果的?睡眠と筋肉の疲労の関係とは?

筋肉の疲労が取れないと感じたり、筋トレの翌日眠気が取れないということは良くありますが、その原因は睡眠不足により筋肉の回復がしっかりできてない事に因ります。 

筋トレを終えた体は当然疲労しています。睡眠には、筋肉を回復・成長させる成長ホルモンの分泌と深く関係しています。ですから寝る間も惜しんで筋トレをするというのは良くありません。

しっかり睡眠を取ることで回復と、本来の目的である筋肉増強ができるので、成長ホルモンの分泌が活発となる22時から24時は眠りにつくようにし、時間も8時間ほど取るのが良いとされています。
 
注意したいのが睡眠の質で疲労回復に深く関係しています。筋トレを就寝直前まで行っていると眠りが浅くなりますので、ぬるめのお湯につかる入浴などを行いリラックスし眠りにつくことをおすすめします。深い眠りにつくことが重要です。
 
せっかくの筋トレも疲労が取れない状態では効果が期待できません。疲れる、回復する、成長するの好循環により増強が図れるメカニズムです。質が良く、たっぷりな時間眠ることもトレーニングの一環としてとらえ、規則正しい生活に組み入れる工夫をするよう努めたいものです。

気持ち良い目覚めもそのメカニズムに関係していて、十分な睡眠により身体が回復・筋肉が成長したことを教えてくれます。

筋肉 疲労 取れない

コメントは受け付けていません。