筋トレ後の回復|筋肉痛の時に筋肉の超回復は起きてる?筋肉痛と超回復の関係と効果とは?

筋トレをしていて気になるのはその効果と、筋肉痛からの回復や、筋肉の超回復との関係性です。筋肉に大きな負荷がかかると筋繊維は傷付き、その回復の過程で痛みが発生します。

これが筋肉痛の正体ですが、超回復との関係はイコールではありません。ただ筋肉痛は超回復が起こる過程であることに間違いは無いので、痛みがあるうちは筋トレはお休みすべきです。

怪我の防止と、筋肉が大きく太くなることを邪魔しないためには回復するための休息も必要です。休ませてあげることも含めて筋トレと捉えると良いです。 

傷ついた筋肉が修復されるとき、今までよりも少し太くなります。この超回復を繰り返すことで効果的なトレーニングとなります。回復にかかる時間は部位によって違い、筋肉痛はその目安になります。痛みがあるうちは控えた方が良い理由です。 

それでも体を動かしたい、筋トレをしたいというストイックな人は、筋肉痛がない部位を鍛えるように心がけましょう。

鍛える部位と休ませる部位を意識的に作り、スケジュールを組むと良いです。痛みと超回復の関係を正しく理解し、計画性をもって実行することで、筋トレの効果を最大限に生かす効率的な方法を構築できます。健康的でしなやかな、美しい筋肉を手に入れましょう。

筋トレ 筋肉痛 超回復

コメントは受け付けていません。