腰の筋肉を鍛える方法は?腰の筋肉を付けるとヘルニアやぎっくり腰の改善にもなる?

ヘルニアやぎっくり腰を改善する方法の一つに腰回りの筋肉を鍛えることが有効とされています。腰回りの筋肉は体幹を支える為の体内のコルセットのような働きをしています。

そのコルセットの働きが弱くなってしまうと必然的に腰骨で安定性を代償してしまいます。その結果、徐々に腰への負担が重なりヘルニアやぎっくり腰を併発してしまいます。

そのためその予防・改善方法としてしっかりと鍛えることが大切です。その方法としては腹部周囲の筋肉を鍛えることですが、特に重要なポイントは腹横筋です。

体幹の前後の腹筋・背筋は日常的に使用していますが、腹横筋はインナーマッスルと呼ばれ低下している方が多いです。またこの筋肉は腹部全体を覆うように走行しており、鍛えることで引き締める効果をもたらしてくれます。

そのため腰骨への負担を軽減することができます。鍛え方としては腹式呼吸を行うことでインナーマッスルを賦活することができます。また仰向けになり、両足を持ち上げて左右に倒し、体幹の力だけで反対側に押し倒すことを繰り返すことも有効です。

腹横筋は体幹をひねる時にも働く為、呼吸と筋トレでしっかりと鍛えることができます。そして安定した体幹を手に入れることでヘルニアやぎっくり腰を予防・改善することにつながります。

筋肉 鍛える ヘルニア

コメントは受け付けていません。