筋肉の付け方|手軽に自宅で出来るトレーニング方法や器具や道具なしで出来るトレーニング方法とは?

筋肉隆々とした体は健康的で頼もしく見え、多くの人がこのような体を手に入れたいと考えています。忙しい現代人はトレーニングジムなどに頻繁に通うことは難しく、できれば自宅で器具や道具なしでの筋肉の付け方があればいいですね。

そんな方におすすめの方法があります。トレーニングの部位は背中、大胸筋、下半身の三つにわけて行います。まず背中ですが、一本のチューブを柱に通して、その両端を持って、引くというものです。

引く時は背中の広背筋を意識して引きましょう。二つ目は大胸筋ですが、これはシンプルに腕立て伏せで鍛えることが出来ます。負荷が少なければ背中に本などを載せて重りにしましょう。

最後に下半身はスクワットが効果的です。これも負荷が足りなければペットボトルなどを持ち重りにします。いずれのトレーニングも自宅で器具や道具なしで行えますが、使う筋肉を意識して行います。

また運動の角度を少し変えたり手の幅や足の幅を変えると刺激される部位が変わり筋力の付け方に変化が出ます。自宅で器具や道具なしでも工夫次第でトレーニングできますが、公園でも鉄棒で斜め懸垂をしたり、雲梯をするなどでも全身を鍛えることが出来ます。筋肉の付け方は身近なものを使うことで行えます。

筋肉 付け方 自宅

コメントは受け付けていません。