腹筋の筋肉量が増えると体重は増える?腹筋を付けながらダイエットをする方法って?

腹筋を鍛えてダイエットを図る方法がありますが、筋肉が付く分少なからず体重も増えることは避けられません。それは脂肪に比べて筋肉の方が重量が多い為です。

しかし筋量が増えることで基礎代謝量も増える為、自然と脂肪燃焼を促すこともできるため有効なダイエットの方法の一つと言えます。また脂肪は腹部につきやすい方が多いですが、腹筋が弱い人は腹部周囲の脂肪燃焼も少ないです。

その為腹筋を鍛えていくことで筋肉が付くことで体重の増加はしますが、脂肪は減る為結果としては体重の減少を図ることが可能といえます。またその状態を維持することで基礎代謝が盛んな状態を維持することにもつながり、ダイエット効果を持続させることもできます。

また腹筋をつけるに当たり、素早く行ってしまうと様々な部位の反動で体を起こしてしまい、結果として望む鍛え方ができません。また筋肉を肥大させるにはゆっくりと収縮させることも必要です。そのため効果的に鍛える方法としては体の反動を使わずにゆっくりと反復して回数を重ねることがよいといえます。

またわき腹の筋肉や背筋も鍛えることでバランスのとれたボディラインを作ることができ、全体的に脂肪が少なく引き締まった体を手に入れることができます。

筋肉 腹筋 体重

コメントは受け付けていません。