筋トレと併せて行うと良い呼吸の仕方|正しい呼吸法を行うと効率が良くなる理由とは?

筋トレを行う時の正しい呼吸の仕方は、力を出す時や物を持ち上げる時に口から息を吐き、力を抜いたり持ち上げた物を下ろす時に鼻から吸います。

この仕方で間違えやすい筋トレがプッシュアップ、いわゆる腕立てです。よく逆をされているのを見かけますが、正しい方法は腕を曲げる時に息を吸い、腕を伸ばす時に息を吐きます。物を持ち上げる時に息を吐くのですから、自分の身体を持ち上げると考えると正しい仕方が身に付きます。

筋トレと併せて行うと効率的な方法は、この基本の呼吸法をしている時にお腹を出来るだけへこませた状態をキープしたまま行い、息を吐く時は一気に吐きます。筋トレをしながら腹式呼吸を同時に行う事になるのではるかに効率的になります。

その理由は腹式呼吸を行う事で体幹のインナーマッスルが鍛えられるので、グラつくことなく正しいフォームでトレーニングが行えるからです。

もう一つの理由は、人間は自律神経の働きによって息を吐く時に大きな力を出しやすく、息を吸う時は逆に筋肉が緩み力が抜けやすいので、この神経の働きに合わせてを行う事で効率よくトレーニングできるのです。

呼吸を意識する事で効果が何倍にもなる理由がわかって頂けたと思います。これからはただがむしゃらにトレーニングするのではなく、しっかり意識しながら行ってみましょう。

筋トレ 呼吸 仕方

コメントは受け付けていません。