筋トレで腹筋を割るための負荷ってどれくらい?腹筋を最短で割る方法とは?

男性であれば、一度はシックスパックに割れた腹筋に憧れたことはあるのではないでしょうか?筋トレで腹筋を割るということは一見難しそうですが、実は単純なのです。

そもそも人間誰もがシックスパックの腹筋を持っています。外見上割れて見えないのはその上についた皮下脂肪が原因です。ですので、その脂肪を取り除くことが最短の方法だと言えます。

しかし、いざ脂肪を落としてみても、なかなか理想の形にはなりません。そこで筋トレを行うのです。負荷は自重でかまいません。高負荷で行うよりも、継続的に行うことが腹筋を割る最短の方法なのです。有酸素運動に加え筋トレを行うことで、脂肪燃焼効果が高まります。

さらにお腹周りの筋肉を鍛えることで、その周辺の代謝も活性化され、脂肪が燃焼します。お腹周りの筋肉の中で腹直筋はもちろんですが合わせて腸腰筋も鍛えることをおすすめします。

腸腰筋は腰骨のやや上にある筋肉で、この筋肉がついてくるとより立体的で美しく見えます。さらに、その期間の食事はタンパク質メインにすることで、脂肪をつけず効率的に筋肉がついていきます。なので、筋トレで腹筋を割る最短の方法は、自重のような軽い負荷で継続的に行っていくことが最も重要だと言えます。

筋トレ 腹筋 割る

コメントは受け付けていません。