筋トレの間隔とは|毎日筋トレをする場合は鍛える部位や一日の回数の制限が必要?

筋トレは同じ筋肉のトレーニングは毎日やらずに間隔を開ける必要があります。毎日行ってはいけないのは「同じ筋肉」なので、たとえば上半身の筋肉を鍛えた次の日は下半身、その次の日は上半身といった具合に鍛える筋肉を変えれば毎日行っても大丈夫です。しかし、一日の筋トレ回数を制限して毎日行う方法はおすすめできません。

筋トレによって傷ついた筋肉が回復するまでに48時間から72時間かかります。毎日同じ部位のトレーニングを行うと、回復しきる前にまた筋肉を傷つけてしまい、筋力があがるどころか逆に筋肉量が減少する原因にもなります。また、慢性的な筋肉痛となり、日常生活の支障となってしまいます。

一日間隔を開けるとしても、注意したいのが異なる種類のトレーニングでも同じ筋肉を使っている場合があることです。例えば懸垂をした次の日に腕たてふせを行うと、どちらの種目も背中と腕の部位の筋肉が使われるので筋肉を休めることができません。種目ごとに一日間隔を開けるのではなく、上半身・下半身といった具合に大きな部位ごとに区切るのがポイントです。

なお、筋肉が傷ついた状態では筋トレ回数を制限したとしても良い影響は与えないので、一日の回数を制限して同じ部位の筋トレを連日行うよりは別の部位を鍛えたほうが良いでしょう。

筋トレ 間隔 毎日

コメントは受け付けていません。