太ももや上腕二頭筋、大胸筋などを鍛える筋トレ方法と、負荷の変化のやり方とは?

大胸筋や上腕二頭筋・太ももを筋トレするときに負荷を変化させることでその効果を高めることができます。負荷を変化させつつ筋トレを行いに当たり、筋肉の性質が重要となります。

筋肉には速筋と遅筋があり、それぞれ筋トレの仕方が異なります。速筋は素早く反復して行い、遅筋はゆっくりと行います。またその時に負荷の設定を速筋は高く・遅筋は低く設定するように変化させておくことでよりその効果を高めることが可能です。

また鍛える筋肉も太ももの大腿四頭筋や上腕二頭筋・大胸筋のように繊維自体が大きい筋肉の方が筋トレの成果や変化を感じやすくなります。また鍛えるに当たり筋肉の見た目やふくらみにも違いを生みだすこともできます。

速筋を鍛えることで筋は引き締まっていき、細く締りのある状態になります。それに対し遅筋を鍛えていくと太く大きくなり、たくましい印象を生みだすことができます。またそれらは太ももの大腿四頭筋や上腕二頭筋・大胸筋のように筋肉自体が大きく、アウターマッスルであるほどに変化を生みだしやすいといえます。

そのため筋トレをするにあたり、どのようなボディバランスを目指すかによって速筋・遅筋のどちらかを鍛えるかを選択し、行っていくことが大切です。

筋トレ 変化 負荷

コメントは受け付けていません。