ダイエット目的の筋トレで筋肉痛になった場合の休養期間とは?休息中にできるダイエットはある?

筋トレは体を引き締めることができ、ダイエット効果も期待できます。例えばお腹周りを引き締めたいので腹筋の筋トレを行い、胸の筋肉を引き締めスタイル良くなりたいので大胸筋をトレーニングをすることがあります。

適度な運動には適度な疲労、すなわち筋肉痛がついて来ます。逆に筋肉痛がない筋トレはダイエットにもならず意味があまりありません。筋肉痛の期間は使った筋肉は休養させる期間と考えてください。

通常は2日から3日で痛みはなくなりますのでこの期間を休養とします。筋トレで疲れさせた筋肉を休養させると引き締まって回復してダイエットにつながるのです。休息期間中のダイエットはランニングや自転車マシンや水泳などの有酸素運動が良いでしょう。

疲れた筋肉は休息させ有酸素運動で脂肪を燃焼させます。あまり短い時間だと脂肪が燃焼しないので30分位を目安にしてください。この時無理をせず会話が出来る程度のペースで行います。

プールなら泳がなくても歩くだけでも効果が期待できます。また有酸素運動だけでなくストレッチも休息期間中には行いたいものです。血行が良くなり筋肉痛の疲労回復にストレッチはつながります。筋トレを行い筋肉痛を経て使った筋肉を休養させ、筋肉が回復することにより体が引き締まるダイエットとなります。無理せず実施してください。

筋トレ 筋肉痛 ダイエット

コメントは受け付けていません。