筋肉をつける方法で、実際に体験した方のおすすめの方法は?口コミや評価って?

筋肉をつける方法というとジムで器具を使うイメージがあるでしょうが、自宅でも筋肉をつける方法というのはあります。

まず上半身でおすすめなのは逆立ち腕立て伏せです。少しそらして胸を地面につけるように行うと、大胸筋上部と三角筋、僧帽筋に効果的です。背筋や腹筋も体幹として体を支えるのに総動員されます。

少し反っている状態をキープするためには特に背筋が使われ、肩甲骨を寄せる方向に力が入るので広背筋にも効果が高いです。肩甲骨を寄せるイメージで逆立ち腕立てをすると大胸筋だけでなく背面にも効果があるのでおすすめです。

口コミや評価に関しては、自重で負荷の強い筋トレを求めている人にはもちろん口コミや評価が高く、これ以上の自重トレーニングはないというくらいの評価、口コミです。逆立ち腕立てが効果がないという人はまずいないでしょう。体操選手も行っています。

下半身の筋肉をつける方法でおすすめなのは、相撲スクワットや四股踏みでしょう。力士というのは全競技中で下半身が最強の競技ですが、腰割、股割、四股、てっぽう、スリ足を基本の稽古としています。この中で一般人に効率的なのは股割、腰割、四股ですが、腰割と四股をやれば間違いないでしょう。

筋肉 つける方法 おすすめ

コメントは受け付けていません。