筋トレで足の裏を鍛えると健康に良い?足の裏の鍛え方とメリットとは?

足の裏にも筋肉があります。足底筋と呼ばれる筋肉です。土踏まずのアーチの部分がこの筋肉となりますが、実はこのアーチが人間の歩き方や姿勢に影響を与えます。

この筋肉が弱まると、アーチが下がってきて、歩き方が悪くなったり、姿勢が悪くなったりします。つまり、健康的な歩行・姿勢を保つためには、アーチを鍛えることが重要なのです。

足の裏という、一見効果が薄そうな部位ですが、ここを鍛えることのメリットは非常に大きく、健康的な生活へとつながります。このような健康的メリットを手に入れるために、正しい鍛え方を学びましょう。これも筋トレの一環ととらえ、継続することが大事です。

鍛え方は簡単ですのでご紹介いたします。床にタオルを伸ばして敷き、手前側を踏んで、反対側にちょっとした重りを乗せます。この状態で、指を曲げるとタオルが手前に少しづつ移動してきます。

重りが手前まで来たら、またタオルを伸ばして、繰り返します。だいたい5~10回繰り返し筋トレしましょう。この筋トレのよいところは、テレビなどを見ながらでも行える手軽な鍛え方であることです。これも大きなメリットでしょう。

足の裏を鍛えることで、健康的な体を手に入れましょう。

筋トレ 足 裏

コメントは受け付けていません。