筋トレで胸筋が付くまでの期間って?即効性がある短時間で効果がでる方法はある?

本格的に筋トレをしている人は部位ごとに分けてトレーニングしている人が多いです。1週間でトレーニングする部位を分けていきます。例えば胸筋は月曜日、下半身は火曜日、背中は水曜日、腕は木曜日などと分けてトレーニングします。

部位を分けてトレーニングするメリットは、部位ごとにしっかりと筋肉を追い込める、短時間で成果を出す、ジムに行く頻度を増やせる、などメリットは色々あります。

男らしい筋肉の代表格といえば大胸筋です。大胸筋は人によりつきにくい人と、つきやすい人がいますが、どちらにしても長い期間をかけて筋トレしていくのが良いです。即効性を求めてトレーニングしていても中々変化は見られないです。

即効性を期待するのではなく、長い期間をかけてトレーニングしましょう。大胸筋のトレーニング方法で一番効率的なのがベンチプレスです。ベンチプレスは筋トレのビッグ3とも言われるトレーニング方法で、筋トレメニューに取り入れている人も多いでしょう。

このベンチプレスは長い期間をかけて徐々に重量を増やしていくと良いです。筋トレの中では即効性は比較的高いですが、短時間で重量を伸ばしていくのは怪我の危険もあるので注意しましょう。トレーニング全般に言えることですが、短時間でも集中して取り組むことが大事です。

筋トレ 胸筋 期間

コメントは受け付けていません。