筋トレで肩を手軽に鍛える方法|自宅でできる肩の筋トレの種類とやり方とは?

肩を鍛える筋トレで、自宅で手軽にできる方法を何種類か紹介します。逆三角形の体系は男性ならだれもが憧れるものです。また、血液循環が良くなり肩こりの改善にもなります。

それには、肩を鍛える必要があります。まず、筋トレをする前には必ずストレッチを行いましょう。筋トレは、いろいろな種類があります。その中で2種類のやり方を説明します。まず、自宅でダンベルを使った筋トレのやり方です。ダンベルは100円均一でも水を入れて使うタイプの物もあり手軽に手に入ります。

まず両手にダンベルを持ちます。そして肩が上がらないよう気をつけて、ひじを体の前に徐々にまげて上に引き上げていきます。そして、そのまま2秒キープします。そのあとゆっくり下におろします。これを10回繰り返してください。

これを3セット行います。次に自宅で手軽に行える筋トレのやり方の2つ目を紹介します。これもダンベルを使ったものになります。両手にダンベルを持ちます。そして両腕を横に伸ばしながらゆっくり引き上げていきます。

肩と水平の高さになったら、そのまま2秒キープします。その後ゆっくりおろします。これを15回繰り返します。そして2セット行います。毎日続けることが重要です。

筋トレ 肩 自宅

コメントは受け付けていません。