筋トレで腕を効率良く鍛える方法|腕立てや懸垂といった具体的な筋トレの種類と鍛え方とは?

筋トレをして効率よく腕に筋肉を付ける鍛え方の種類といたしましては腕立て伏せや懸垂が代表的なトレーニング方法として挙げられます。特に腕立て伏せはお金をかけずにいつでも何処でもやる気さえあれば取り組める筋トレになりますのでとても手軽でお勧めです。

また、鉄棒などがあれば懸垂の方が重力に逆らって腕の力だけで体を挙げるので、効率としてはとても良い種類の鍛え方となります。

その他の腕を鍛える筋トレの方法といたしましては、やはり自宅に鉄アレイがあると良いでしょう。確かに腕立て伏せや懸垂でも腕を鍛えることはできますが、体全体を使うので面倒になってしまったり、懸垂の場合は鉄棒が必要だったりしますので、純粋に腕だけを鍛える場合には鉄アレイが重宝します。

鍛え方の種類といたしましては、鉄アレイで腕だけを意識して、筋肉の筋を鍛えたいのであれば軽い回数で多く行えば良いですし、ある程度見た目を充実させたいのであれば重い鉄アレイを使用して、8回位挙げると限界になるペースでトレーニングを行えば効率よく腕の筋肉を鍛えることができます。

最近では量販店でも1000円台で鉄アレイが売っていますので興味のある方は購入してみると良いでしょう。

筋トレ 効率 種類

コメントは受け付けていません。