筋トレと有酸素運動を組み合わせて行う場合の順番とその理由とは?

最近では自宅でやるだけでなく、専用のジムに通って筋トレをしている人もいるのですが、その際に有酸素運動を組み合わせると良いなどと聞いたことがある人も多いでしょう。筋トレが先か、それともランニングなどの有酸素運動をやってからの方が効果的なのか、その順番に迷ってしまうこともあるかと思います。

結論から言うと、何を目的に筋トレやランニングをしているのかが大切で、それによって組み合わせ方が変わるということになります。

マラソン選手のようになりたいなら、極端な話ですが重たい筋肉は必要最低限で良いので、ランニングなどの有酸素運動だけで構いませんし、ボディービルダーのようなマッチョな体型にしたい場合は筋トレのみでも問題ありません。

では、ダイエットを目的としているのならどうするのかというと、筋トレをしてから有酸素運動という順番にしておくと効率が良いと言えるでしょう。その理由は、筋肉を鍛えると糖分が消費されるためで、その後に有酸素運動という順番にしておくことですぐに脂肪が燃えてくれるわけです。

逆の組み合わせにしてしまうと、糖分しか燃えない、あるいは脂肪を減らすためにランニングを三十分から一時間くらいはやらなければならないといったことになるため、気をつけたいです。

筋トレ 順番 有酸素運動

コメントは受け付けていません。