筋トレを行う順番|ジムのダンベルなどの器具を使った筋トレで効率的な順番とは?

ジムのダンベルなどの器具を使った筋トレで効率的な順番は、大きな筋肉から鍛えていくということです。大腿四頭筋や大胸筋などの大きな筋肉を鍛えると、その末端にある小さな筋肉まで同時に鍛えることになりますので効率的です。ただし、特定の筋肉を鍛えるためのマシンなどを使用した場合は別です。

例えば、一番最初にスクワットで最も大きな大腿四頭筋を鍛えます。ジムにあるバーベルやダンベルなどの器具を利用するとさらに効果的です。大きな筋肉を優先するのは、大きいほど疲労度も少ないからです。また、効果の転移というものがあります。

スクワットやデッドリフトで下半身を鍛えると、その後、軽いダンベルカールでも上腕二頭筋にまで筋肥大が起こります。ですから、時間的にも効率的な筋トレができるようになります。

筋トレの順番は、スクワット、デッドリフト、アーノルドプレス、シュラッグ、懸垂、ベンチプレス、プレスダウン、ハンマーカール、リストカールがおすすめです。

ジムでは多くの人が利用されますので、器具が開いていないこともありますので、必ずしもこの順番でなければならないということではありません。ただ、筋トレを行う場合、筋肉の増強効果、疲労を考えながら、大きな筋肉から優先的に鍛えることが大切です。

筋トレ 順番 ジム

コメントは受け付けていません。