筋トレで消費される消費カロリーの量は?筋トレで消費したカロリーの計算方法って?

せっかく筋トレをおこなうのであれば、どれくらいの消費カロリーがあるかを意識しながら行ないたいもの。目的に合わせて運動計画も立てやすくなります。

消費カロリーの計算にはMETs(メッツ)というのが使われます。METsはMetabolicEquivalentsの略で代謝の量という意味です。
METs×体重×時間×1.05で消費カロリーが出てくるのです。

座ってテレビを見ているだけ、横になって読書しているだけなど楽な状態であればMETsの量は1です。一方、ストレッチやヨガは2.5MTEsのため、ただ座ってテレビを見るよりもストレッチしながらテレビを見るだけで2.5倍ものカロリーを消費している計算になるわけです。

ちなみに、筋トレの場合のMETsですが。さまざまな筋トレメニューはあるものの、腹筋背筋やスクワットなど自身の体重を使って行なう軽度なものは3.5METs程度、ジムなどで器具を使って行なう場合には8.0METs程度となります。それに合わせて計算することで消費カロリーの量が分かるわけです。

18歳から64歳くらいの場合、3MTEs以上の運動を23MTEs・時/週行なうというのが厚生労働省による基準です。生活習慣病を防ぐにはそれくらいやる必要があるのです。

筋トレ 消費カロリー 量

コメントは受け付けていません。