筋トレをしても痩せない原因|?ジョギングやウォーキングの方がダイエットには効果的?

ダイエットのために腹筋や背筋を頑張っているのに、なかなか痩せないのはなぜでしょうか。運動には大きく分けて、筋トレやストレッチのような無酸素運動と、ジョギングやウォーキングのような有酸素運動があります。筋肉を鍛えるだけではダイエット効果がなかなか現れません。

体重を落とすためには体についている脂肪を燃焼させる必要があります。そもそも、筋肉のエネルギー消費量は筋肉量に比例します。しかし、腹筋や背筋は筋肉量として非常に小さく、いくら頑張ってもエネルギーの消費量はあまり期待できません。筋トレだけを行っていも痩せないのはそのためです。体の中で燃焼量が多いのは太ももあたりの大腿筋です。

そこで、ジョギングやウォーキングをすることで大腿筋を刺激し、多くのエネルギー消費を期待することができるのです。ですから、ダイエットには筋トレやストレッチのような無酸素運動と、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動を組み合わせ行うことが非常に効果的です。

体の筋肉量を増やしながら、脂肪の燃焼をうながすことで、痩せない、痩せにくい体がいわゆる痩せやすい体に変化していきます。また、ジョギングやウォーキングは全身の筋肉を使いますので、筋トレも必要です。記録に挑戦したりモチベーションを高めるためにも、両方が必要だと言えるでしょう。

筋トレ 痩せない ジョギング

コメントは受け付けていません。