筋トレをしながら太るための糖質、脂質、タンパク質の摂取量とは?

筋トレをしながら太るためには糖質や脂質、タンパク質を中心に栄養バランスの取れた食事を、消費カロリー以上に摂取する必要があります。一般的に、消費カロリーは体重×37kcal。筋肉の増強のためには500kcal以上を加える必要があると言われています。

たとえば、体重が70kgの人であれば、70×37kcal+500kcalとなりますので、3090kcalということになります。これが、筋肉の増強ができる食事量の目安となりますので、これ以上の栄養を摂取しなければいけません。

単純に太りたいといっても、健康的に太るのでなければいけません。そのためには、タンパク質を増量した栄養バランスの取れた食事ということになります。糖質や脂質も筋トレに欠かせないものですが、過剰に摂取する必要はありません。

筋トレの効果を活かしながら、健康的に太るためには、筋肉の増強に最も効果のあるタンパク質を目標に応じて、増やしていくことがいいでしょう。鶏のささみや赤みの肉、豆腐などの大豆製品も良質なたんぱく質で、効果的です。

糖質や脂質を増やす必要はありませんが、ビタミンの豊富な果物や野菜は疲労回復にも有効ですので、積極的に取り入れましょう。

筋トレ 太る 糖質

コメントは受け付けていません。