筋トレをすると夜眠れない場合があるのはのはなぜ?その原因と解決法とは?

筋トレなど体を鍛えたり運動をすると夜はぐっすり眠れる印象がありますが、筋トレすると夜眠れないことがあります。原因と解決法を知ることで効果的にトレーニングをすることができます。

筋トレすると夜眠れない原因は、筋肉トレーニングをすると交感神経が刺激され、眠りを促進する副交感神経を鈍らせてしまうためです。筋肉トレーニングが激しいものであるとさらに内臓が目覚めることにつながり血流が良くなって夜眠れない状態になるのです。

解決法としては寝る前は筋肉トレーニングをするのではなくストレッチをすると良いでしょう。ストレッチで体をゆっくり伸ばし、副交感神経を刺激し、眠ることができます。眠れない原因のひとつとなる筋肉トレーニングですが、睡眠を邪魔せずに筋トレをする解決法はストレッチの他に効果的に筋肉トレーニングをやる時間帯があります。

体に筋肉を付ける場合は、食事の前に行います。食事前に行なうことで燃焼するものがないため脂肪を燃焼するためダイエット効果も期待できます。

筋トレを行なって体に筋肉を付けたいと考えるなら夜寝る前に行なうと眠れない原因となるため、夕食前の時間帯に行なうことで体に筋肉が付いてダイエット効果も期待でき、睡眠もできるのです。

筋トレ 夜 眠れない

コメントは受け付けていません。