筋肉を効率良くつけるプロテイン、その副作用は?体重も増加するの?

筋肉を効率よくつけるためにプロテインを飲む。この考え自体は間違っていません。筋トレの後、筋肉は一旦損傷し、その回復により筋肉は肥大していきます。その修復を手助けするのがタンパク質の役割です。

しかし、プロテインによりタンパク質を摂取することももちろん重要なのですが、それよりも普段の食事のほうが大切であるということ忘れてはいけません。その心がけがなければ効率も上がりません。

さらに、プロテインの副作用ではないですが、改めて認識しておかなけらばならないこともあります。タンパク質はもちろんカロリーがあり、糖質のエネルギーとは違い、すぐには使われません。

その結果、副作用的に脂肪として蓄積され体重増加につながる可能性があることも認識しておく必要があります。筋肉による体重増加であれば、それは効率よく効果が出ていると考えてよいですが、体脂肪率もチェックしつつ、副作用による体重増加ではないのか見極めておく必要があります。

基本的には、普段の食事で脂肪分を抑え、タンパク質を摂取することが一番よい方法です。それに加え、筋トレで損傷した筋肉を回復する手助けのためにプロテインを摂取していくという考えが最も効率的な方法です。

筋肉 プロテイン 副作用

コメントは受け付けていません。