筋トレをするのにおすすめのマットの厚さって?筋トレ用のマットの選び方とは?

筋トレ用マットのおすすめの厚さは、トレーニングの種類と地面の質を考慮した選び方をするのがポイントです。ストレッチや器具を使用しないエクササイズを自室で行う場合は薄手のヨガマットで十分です。

ただし、余りに薄すぎると衝撃を吸収する効果が殆ど無くなるのである程度の厚みのものを選びます。素材にもよりますが、厚さ5~6mm程のものがおすすめです。適度な厚さで地面と接する身体の痛みを緩和してくれます。

一方、寝転んで行う筋トレでダンベルや器具を用いる時や、屋外で地面が荒い場合等は厚みがあって衝撃を吸収するタイプのものが良いでしょう。厚さ1cm程度のものがおすすめです。特にアパートなどの集合住宅でトレーニングする場合、身体への負担を減らすのは勿論、器具を落としてしまった場合に騒音対策にもなります。

なお、厚さ以外の選び方のポイントとして、収納のしやすさと洗濯可能かどうかも重要です。収納がしやすいと使わない時に片付けの面で便利ですし、屋外に持ち運ぶ場合は特に重要です。

また、マットには汗が沢山付着するので、洗濯可能なものをおすすめします。
筋トレをする際はどうしても負荷や器具に意識が行きがちですが、身体を痛めないためにマットもとても重要です。用途に応じた適切な選び方をして、効果を最大限に高めましょう。

筋トレ マット 厚さ

コメントは受け付けていません。