筋トレで腕周りを太くするにはどんなメニューをこなせば良いの?

腕を太くするのであれば大胸筋や肩周りを含めて全般的に意識するのが重要で、特に大きい部位に働きかければ他の部位にも補助的に力が入り、また代謝や血流の影響で周辺の筋肉も発達していきます。腕周りを太くするということであれば、大胸筋や肩周りも太くする方がバランスも良いですし、その意識が筋トレ効果を発揮します。

具体的なメニューとしては器具があればベンチプレスが良いのですが、ない場合は逆立ち腕立て伏せや懸垂などのメニューが効果的な方法になります。自重のメニューでも上半身は普段全体重が掛かることがない分筋肥大が可能です。

自分の体重を掛ける筋トレで筋肉を大きくしていくことができますし、上半身を鍛えると顔にも力が入り、代謝や血流の影響から顔も引き締まります。特に逆立ちの筋トレは血流が頭や顔にめぐるので、顔の代謝の活性化に役立ちます。

肌の細胞分裂が活性化するので、美肌にも効果的なので逆立ちというのは非常に良いです。ぜひ習慣づけると良いでしょう。筋トレの負荷としては逆立ちしていても軽くなってくるということもあるのですが、相当のレベルの筋肉がついてくる必要があるので、まずは逆立ちが簡単にできるようにすると良いです。

筋トレ 腕 周り

コメントは受け付けていません。