腕、肩、首などの筋トレとストレッチを併せて行う効果的なやり方とは?

筋トレとストレッチはあわせて行うと効果的です。そのやり方はクールアップとクールダウンにストレッチを導入することです。血液と脈が速くなっているのでゆっくりと通常に戻せるようにします。筋肉の隅々にまで酸素が供給され、筋肉の回復と疲労の回復を早めてくれる作用が期待できます。
首のストレッチのやり方は無理のない範囲で左右にゆっくりと首を傾けます。肩甲骨は両手を後ろで組み、骨を広げるようにします。アキレス腱を伸ばしてから、腕を上下左右にゆっくりと回し、腕は肩甲骨から動かすようにします。

クールアップの場合には筋肉や関節をほぐし、けがの予防の意味も込められていますので、血流を促進して筋肉を温めなければなりません。ウォーキングやジョギング、縄跳びなどがおすすめですが、ラジオ体操も便利です。腕、首、肩をまんべんなく動かすことができますし、時間も一定です。

ストレッチの場合には有酸素運動が適していますので筋トレ前に柔軟体操、ヨガなどを軽く行っておくのもおすすめです。筋トレ前は筋肉をゆっくりと伸ばすこと、筋トレ後はねじりを入れて細かく筋肉を動かすやり方をしておくと筋肉の収縮が柔軟になります。

交感神経と副交感神経をうまくコントロールできれば集中力も高まります。

筋トレ ストレッチ やり方

コメントは受け付けていません。