筋トレ初心者でもできる、マットの使い方と筋トレのメニューとは?

まだマットの使い方をうまくわからない筋トレ初心者の人にとってのメニューをマットの使い方の説明の前にいくつか挙げていきますね。

まずは、筋トレの大定番の上体起こしです。上体起こしといえばどこでも場所さえあればできるのですが、マットの上でやることによって体への負担が軽減されます。

やり方としては、仰向けに寝て足を曲げて手に胸を当てて上体を起こします。この時に腕の反動をできるだけ少なくすることでより効率的に腹筋を鍛えることができます。

次に腕立て伏せです。やり方は両腕を肩幅程度まで広げて肘を曲げます。ここで筋トレ初心者の方によくありがちなのですが肘がちゃんとまがっていなかったりすることがあります。また腰が高くなってしまったりすることもあり、そうするとなかなか筋肉が発達しません。

最後に体幹トレーニングです。体幹はすべてのスポーツそして日常生活でも必要なほど重要なものです。やり方としては腕立て伏せの姿勢から両肘をマットについて30秒から1分ほど耐えてください。腕立て伏せ同様、腰が高くならないようにして体を一直線にするようなイメージでやってみてください。

これらのメニューは筋トレ初心者の方にもやりやすいと思います。マットの使い方は簡単で凸凹がない床などに敷いてその上でこれらのメニューをしてみてください。

筋トレ マット 使い方

コメントは受け付けていません。