筋トレを夜中にするのは効果が出にくい?夜中に筋トレをする場合のおすすめのやり方は?

たしかに夜中に筋トレをすることにはメリットとデメリットがあります。メリット寝る前に筋トレを行うことで体が疲れぐっすり眠れることです。

筋肉の成長には成長ホルモンの分泌が大切です。これは眠っている時に分泌するので、筋トレで疲れて良質な睡眠が得られ、筋肉の成長に効果があるというメリットがあります。

しかしその反面デメリットもあります。筋トレで目が覚めてしまい寝付けなくなることがあるからです。たとえ眠ることができても夜中にめが覚めたりする良質な睡眠が得られず、成長ホルモンの分泌が低下することもあります。

しかし夜中でもこなデメリットを解消するやり方があります。まず時間帯です。夜中の21時から22時ごろに行います。この時間は夕食の2時間後くらいで睡眠前2時間くらいの時間だからです。

食後の胃の動きを邪魔せず睡眠にも影響されない理想的な時間帯です。やり方は30分から1時間程度で軽めにやるのが効果があります。

次の朝まで疲れを残さない程度で短い時間で実施します。終わった後のストレッチも大切です。筋肉の疲れを癒しリフレッシュさせる効果があります。後はぬるめのシャワーをしてゆっくり過ごし眠りにつきます。やり方と時間帯に気をつければ夜中でも十分効果はあります。

筋トレ 夜中 効果

コメントは受け付けていません。