筋肉の付け方|お腹やウエスト、腰などの引き締め方とは?

お腹周りというのは特に贅肉がつきやすい場所で、そしてなかなかダイエットをしても減らすことができない部分でもあります。効果的にウエストを引き締めて、メリハリのあるボディを作るためには、お腹や腰回りの筋肉を鍛えていく必要があります。 

ウエストを引き締めるためには、腹筋だけでなく横腹や背筋など、腰回りをまんべんなく刺激してバランスよく鍛えていくことが大切です。 

筋肉の付け方としては、腰を大きく回す運動が効果的です。例えば足を肩幅に広げて、腰から大きく回す運動はストレッチ効果もありウエストを引き締める効果も期待できます。左右10回程でもいいので毎日回していけばお腹周りの筋肉をしっかりと刺激することができます。 

また、もも上げ運動も簡単にできる筋肉の付け方だといえるでしょう。ポイントは上半身をひねるようにして、右の腿を上げた時には左腕が前に来るy法に身体をひねり、左足を上げた時は大きく右腕が前に来るように身体を意識してひねっていきましょう。 

身体をひねる運動をすることで、お腹の周りだけでなく腰やお尻、腿などにも効果が期待できるので、ウエスト周りを無理なく刺激してあげることができるので、効果的な筋肉の付け方になります。

筋肉 付け方 お腹

コメントは受け付けていません。