腰の筋肉の硬直やコリをほぐす方法とは?ぎっくり腰の改善にも効果あり?

筋肉というのは収縮と伸長ができますが、コリをほぐすためにはそのどちらも行った方が良いです。ほぐす際には伸長やマッサージだけをやるという人も多いのですが、収縮も交えた方が筋肉の動きが大きくなるので強く柔らかくなり、硬直にもコリにも強くなります。

力が入らなかったり、伸びないというのでなければ、腰の強さと柔らかさを高めることがぎっくり腰の予防にもなります。

足腰を強く柔らかくするためには相撲が最強でしょう。相撲のトレーニングである、股割、腰割、四股、というのはぎっくり腰の予防にもなり、これができればまず筋肉が硬直することもないですし、ぎっくり腰にもならないでしょう。

まず股割というのは開脚ストレッチのことです。これは股関節と足の後ろ側のハムストリングや大殿筋を伸ばすので、ストレッチの中でももっとも体の改善に効果があると言っても過言ではありません。

同じ時間を使うのであれば、筋トレもストレッチも大きい部位に効くものをやって効率化します。体全体を改善するという方が改善のしがいがあるでしょう。

腰割と四股は股関節をほぐす効果と、硬直を直し、下半身全体と体幹の筋トレになります。下半身全体を鍛えられるので、これだけで効果があります。

筋肉 ほぐす 腰

コメントは受け付けていません。