筋トレや有酸素運動を空腹時に行うのは効果的?筋トレと有酸素運動はどっちを先にやるの?

筋トレや有酸素運動を空腹時に行うことは、運動をし始めてすぐ脂肪を燃焼することに繋がるため効果的です。通常、トレーニングを行うと糖質がまず真っ先に燃焼され、その後に徐々に脂肪が燃焼されていくのですが、空腹の場合燃焼すべき糖質がありません。そのため、最初から脂肪を燃焼し始めると言われています。

しかし、空腹時にハードなトレーニングを行うことで気分が悪くなる場合もあり、またその効果も通常時にトレーニングする場合と比べて微々たるものだと言われています。空腹時を狙ってトレーニングをしようと考えていてもそのタイミングを逃してしまったり、気分が悪くなってしまっては意味がありません。

そのため、無理をせず自分が頑張れるタイミングで筋トレや有酸素運動を行うことが大切です。

また、脂肪を燃焼させたいときは、まず先に筋トレを行ってから有酸素運動を行うことが効果的です。先に筋トレを行うことで成長ホルモンの分泌が増加するため、その後に行う有酸素運動がより効果的になるためです。

ただし、筋トレを行う前には軽いウォーミングアップを行うことが理想的だとされています。そのため、まず軽いジョギングなどの有酸素運動を10分ほど行うことも正しい方法です。

筋トレ 空腹 有酸素運動

コメントは受け付けていません。