筋肉を柔らかくするヨガやストレッチのやり方とは?

筋肉を柔らかくすることで体の代謝や血流が良くなりますが、特に下半身の大きい筋肉や股関節を柔らかくするのが効果的です。なので、ヨガやストレッチで効果的なものは下半身が中心でしょう。

上半身の大きい筋肉というのは大胸筋ですが、大きく伸ばすというやり方がないですし、それほど凝り固まる部位でもないので、上半身は基本的に筋トレ中心で良いでしょう。

下半身のストレッチのやり方ですが、股割がもっとも伸びる部位が多くて効果的です。まずは横に開く股割で胸が地面につくようにすることです。

開脚ができれば長座前屈や前後開脚もある程度勝手にできるようになるはずですが、稀に特定の部位が固くてできない場合もありますが。その場合はそれを練習します。

しかし、とりあえずは股割をできるようにすることです。他には腰割というのはヨガでもストレッチでもありますが、やり方は立った状態で足を広めに開き、つま先を外に向けてなるべく深く腰を落とすという姿勢です。

ヨガよりは相撲で行われているイメージが強いでしょうが、力士のトレーニングというのは下半身に効きます。相撲の四股踏みも軸足のハムストリングや股関節を柔らかくする効果があるので、やった方が良いでしょう。

筋肉 柔らかくする ヨガ

コメントは受け付けていません。