筋肉をつけたい時の食事制限はどんな影響が?筋肉を落とさないダイエット方法とは?

食事制限をどの程度行うかによって、筋肉の肥大化と脂肪燃焼の割合が変わってきます。もちろん食事の量を増やすと筋肥大化優勢になり、食事の量を減らすと脂肪燃焼が優位になります。

極端にどちらかに偏ると片方の効果しか実現できないのですが、普通に食事をしていれば、筋肉の肥大化と脂肪燃焼のどちらの効果も得ることが可能になります。なので、筋肉をなるべく落とさないで脂肪を落としたいという場合には、その落とさないけれど筋肥大する水準を見つける必要があります。これを筋トレダイエットと言います。

食事制限のポイントとしては、タンパク質はなるべく確保するということになります。筋トレの効果は最大限享受したいので、タンパク質が不足する状況はなくします。そして、糖質や脂質を抑えめにすることで、筋肉を落とさないでむしろつけたいけれどダイエットもするというようなことを実現できます。

ちなみに有酸素運動は食事制限と同じような効果になります。脂肪燃焼があるのでダイエットには効果的ですが、筋トレのような代謝アップや成長ホルモンが大幅に増えるという効果はないです。なので、やはり筋肉はつけたいところで、つけたいということを考えながら筋トレする必要があります。

筋肉 食事 つけたい

コメントは受け付けていません。