足に筋肉をつける筋トレ|太ももやふくらはぎの部位ごとに効果のある筋トレとは?

ふくらはぎ以外の足の筋肉の部位はスクワットのみで網羅しています。大殿筋はお尻ですが、大殿四頭筋という太ももの前の部位と、ハムストリング、内転筋、腸腰筋というのを網羅しています。

ふくらはぎの筋トレについては、カーフレイズという踵を上げ下げする運動か、もしくは相撲の四股踏みは上述のような下半身の大きい筋肉を網羅しつつ、軸足のふくらはぎの筋トレにもなります。

下半身がもっとも強い競技と言えば相撲なので、相撲のトレーニングは有効です。股割は太ももの裏など足のストレッチになりますが、腰割という足を開いた空気椅子のようなやつは股関節のストレッチと、その他の部位の筋トレになります。

太ももは体の中でも大きい筋肉なので、鍛えることと同時に柔軟性を高めるというのが体には良いです。下半身の筋トレと柔軟をしっかり行うと全身の代謝と血流は爆発的に高まります。

肌や内臓にも大きな影響があり、病気にもなりにくくなるので、継続してトレーニングしていった方が良いでしょう。太くなるということをいやがる人も多いのですが、筋肉で太いというのは体にとってはかなりメリットがあるということなので、どんどん太く鍛えて体を健康にするということです。

筋肉 足 筋トレ

コメントは受け付けていません。