筋肉が足につく体質で、足首が特に太い場合の対処法とは?

足首の筋肉を落とすためには下半身の後ろ側の筋肉を鍛えて歩き方を変えるのが良いでしょう。足幅の広いスクワットなどを行えば、お尻やハムストリングが鍛えられ、日常からそっちの部位を使って歩くようになります。

足首やふくらはぎが太い原因の多くは歩き方なので、それに対する対処が必要です。しかし、体全体の代謝や血流のことを考えると、足首も含めて足全体に筋肉をつけていった方が良いでしょう。

太いというのを気にするかもしれませんが、脂肪を落として筋肥大した方が、引き締まった綺麗な足になります。体質で太いというのがどのような状態かによって変わるのですが、単に細いだけというのはあまり良いものではないでしょう。

体質で太いのであれば、他の部位を太くしてバランスを取る方が全体の筋量が増やせるのでメリットがあります。

人間の体は代謝と血流を高めることで肌や内臓の機能が高まりますが、そのためにできることは筋肥大でしょう。柔軟性の向上も体にとってメリットが多いので、この二つを合わせて行うというのはベストです。

筋肉を落とすための対処よりも筋肥大のための対処を行った方が良いです。体質で筋肥大しやすいのであれば、それはメリットなどで、むしろ活かした方が良いでしょう。

筋肉 足 足首

コメントは受け付けていません。