筋肉の鍛え方|顔の頬や目元の筋肉はどうやって鍛える?それはどんな効果があるの?

顔の筋肉の鍛え方というのに顔を動かすようなものもあるのですが、顔の頬や目元だけを鍛えるというのは非常に効率が悪いです。人間の体というのは全体で考える必要があり、大きい筋肉を鍛えれば全身に力が入り、また全身の代謝、血流が良くなるので小さい筋肉も発達します。

なので、顔の頬や目元を鍛えたいというのであれば、お尻や太ももや大胸筋といった大きい部位を鍛えることが非常に重要なのです。体自体が筋肉質になるくらいの鍛え方をすれば頬や目元は変わらないということにはならず確実に効果があります。

とはいっても、体の中でもわりと近い部位で大きい部位というのがより効果があります。なので、顔に関しては首の横の僧帽筋や背中側の広背筋は効果が特に高いでしょう。

ここをしっかりと鍛えて代謝を上げていくことがベストです。具体的な鍛え方としておすすめのものは、逆立ち腕立て伏せでしょう。逆立ちの状態で行うので、上半身全体が鍛えられ、体幹も強くなります。

またさかさまになることによって、頭の血流も良くなるので、普段よりも血の巡りが良くなります。これは頬や目元の筋肉を鍛えるというのにかなり効果的なので、毎日やっていけば3ヵ月くらいで変わってくるでしょう。

筋肉 鍛え方 顔

コメントは受け付けていません。