グリシンの飲み方と飲み合わせ|飲むタイミングや時間はいつがおすすめ?

グリシンの飲み方として、飲むタイミングや時間や飲み合わせなど、どのようなことに気を付けるべきでしょうか。

人は眠りにつくとき、まず深い眠りへと入っていきます。そして朝にかけて少しずつ眠りの深さが浅くなるような睡眠のメカニズムができています。その最初の深い眠りに早く入り、より深い睡眠をとることがとても重要で、脳や体を休めることに繋がります。

グリシンの特徴として、深い眠りにつくまでの時間が短くなる快眠効果があることが分かっています。そのため、この効果を最大限に発揮できるタイミングで摂取するのがいいでしょう。

グリシンは摂取後30分ほどで血中に入っていくため、寝る30分前に飲む飲み方が最もベストなタイミングと言えます。人によっては眠る時間帯が違いますので、一概に何時に飲めばいいというのはありません。

飲み方は水で飲むのが一般的ですが、飲んだ30分後に寝るということを考えると身体を温めたほうが眠りやすいので、ぬるま湯で飲むのが良いでしょう。

グリシンはアミノ酸の一種です。アミノ酸はたんぱく質を構成する1つの栄養素で、体にとって必要不可欠な物質ですから、薬との飲み合わせは問題ないことが多いです。飲み合わせより問題なのは過剰摂取でしょう。グリシンに限ったことではないですが、どのサプリメントも取りすぎには注意しましょう。

グリシン 飲み方 タイミング

コメントは受け付けていません。