グルタミンとグルタミン酸の成分の違いと筋肉への働きの違いって?

グルタミンとグルタミン酸の成分の違いとは何なのか、また筋肉への働きの違いについては以下の通りです。まずグルタミンとグルタミン酸ですが、これは共にアミノ酸の一種です。

グルタミンは、成分として胃や腸のエネルギーになりその機能を助ける他、成長ホルモンの分泌を促進する作用などを期待することができます。そしてこれ単体でも、その効果などを期待することができます。

これに対してグルタミン酸は、アンモニアの解毒作用、利尿作用を促進すると言う作用を持っています。また神経伝達に関しても大きな影響力を持っている成分でもあります。

ですがこちらは、これ単体ではほとんど効能を期待することはできないとされています。このような違いがあるにもかかわらず、名前が似ているのは、その分子構造がとてもよく似ているためです。

筋肉に対しての働きについてですが、グルタミンには、筋肉の分解を抑制する作用があります。このことにより、その増強に対しても働きかけることが期待できます。

一方のグルタミン酸ですが、こちらもアミノ酸であることから、筋肉増強に対しては働きかけがあるとされています。ただグルタミンに比べるとその効能は低く、それよりは脳を活性化する作用や血圧を安定させる作用が大きいと言われています。

グルタミン グルタミン酸 違い

コメントは受け付けていません。