グルタミンに副作用やアレルギーの症状はある?飲み合わせで気を付ける事って?

アミノ酸の一種であるグルタミン酸ですが、近年サプリメントとしても人気が高く、筋力強化や免疫力増強を始めとする様々な効果があります。また、最近の研究ではアルコールの代謝をよくする事が分かっており、二日酔いにも効果があります。

そんなグルタミンの副作用ですが、特に重大なものは存在しません。一日40gまでなら経口摂取して問題無いとされています。但し、妊娠中や授乳期間中の女性は摂取量に注意が必要で、赤ちゃんに副作用の症状が出る場合もあります。

また、肝機能に重大な病気をお持ちの方は摂取を控えて下さい。過剰摂取をすると肝臓にダメージを与える為、病気の症状を悪化させる副作用があります。そのような条件に当てはまらない人でも身体に何らかの症状が現れた場合はすぐに医療機関を受診しましょう。

アレルギーについてですが、グルタミン酸ナトリウムアレルギーをお持ちの方でない限りは特に問題ありません。元々胎内で生成出来るアミノ酸なので、アレルギーはほぼ無いと言っていいでしょう。

飲み合わせについてですが、空腹時に飲むと胃酸に負けて吸収されない事があるので、食後がおすすめです。また、血液系、強心系のお薬とは飲み合わせが悪いので、使用する場合は事前に医師に飲み合わせについて聞いておきましょう。

グルタミン 副作用 アレルギー

コメントは受け付けていません。