クレアチンのメリットとデメリット|クレアチンに副作用はある?過剰摂取するとどんな症状が起こる?

副作用とは作用と同時に起こる別の作用のことですが、クレアチンは体内からも作られるものなので基本的に副作用はありません。摂取することによって筋肉を作るためのエネルギーを得られるというメリットがあり、デメリットはほとんどありません。

ただ、クレアチンの摂取をし過ぎてしまったり、摂取した後に一切動かないとエネルギーを余らせるという状態となります。その結果、下痢や浮腫みなどの症状が稀に起こり得ます。

しかし、それはあくまで本来の摂取量を誤った場合に起こる症状であり、副作用ではありません。デメリットを起こさずにメリットだけを享受するには運動の30分前くらいに摂取し、適切な量を守ることが大切です。

普段の生活においてクレアチンは足りているケースが多いのですが、運動をする際や日々の疲れが溜まっている時には不足しています。そこで体に取り入れることが重要となります。

あくまで足りない分を補うという使い方をすればデメリットとしての症状は発生せず、筋肉の合成を促すといったメリットを受けることが出来ます。

肝臓や腎臓に影響があるという俗説もありますが、医学的な根拠はありません。ですが、念のためにそれらの臓器に持病のある方は主治医に相談の上で飲むことをおすすめします。

クレアチン 副作用 症状

コメントは受け付けていません。