クレアチンを飲むと体重が増えるの?クレアチンで太る理由と痩せたい場合の摂取方法って?

インターネットなどでクレアチンを飲むと体重が増えるという情報をよく目にします。しかし、体重が増えているといってもそれが脂肪なのか、筋肉なのかでかなり変わってきます。クレアチンというものはアミノ酸の一種で、主にたんぱく質を筋肉に結びつける役割を担っています。

なので、クレアチンを飲んでいるということは、筋肉が大きくなりやすい状態になっているということでもあります。なので、体重=筋肉が増えるのです。

単純に太るわけではなく、筋肉として体重が増えるのです。もし太るから飲みたくないという人がいれば、そこまで気にしなくても大丈夫です。筋肉を効率よく付けたいならば、太ることを怖がらずにクレアチンを飲むことをおすすめしたいです。

クレアチンの摂取方法ですが、主に水やスポーツドリンクに溶かして飲むのが一般的です。中には100パーセントの果汁ドリンクに混ぜる人もいますが、甘くなりすぎる可能性があります。

おすすめの摂取方法は、水とスポーツドリンクを半分半分で溶かした飲み方が一番おすすめです。摂取方法に正解はないので、自分に合った飲み方を見つけると良いでしょう。しかし、余分な糖質などは取り過ぎないように気をつけましょう。

クレアチン 体重 増える

コメントは受け付けていません。